【西部日刊スポーツ杯】(小倉)~キーフラッシュが接戦制す [News]
2019/08/11(日) 16:11
小倉10Rの西部日刊スポーツ杯(3歳以上2勝クラス・ダート1700m)は1番人気キーフラッシュ(西村淳也騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分46秒3(良)。ハナ差の2着に5番人気リシュブール、さらに1馬身1/4差の3着に2番人気オンザロックスが入った。

キーフラッシュは栗東・宮徹厩舎の4歳牡馬で、父ストロングリターン、母サザンレイスター(母の父サザンヘイロー)。通算成績は20戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 キーフラッシュ(西村淳也騎手)
「勝負どころでいつも置かれるのですが、そこからまた伸びてくれる馬です。一生懸命追ったことが、結果につながってくれました。上のクラスでも慣れてくれれば通用します。あとは、真面目に走ってもらいたいですね」

2着 リシュブール(幸英明騎手)
「2番手から流れに乗りました。惜しかったですね。このクラスでもメドが立ちました。すぐにチャンスはあると思います」

3着 オンザロックス(松山弘平騎手)
「スタート良く、良い位置で流れに乗って良い競馬ができたのですが、もともと追ってからジリッぽいところのある馬で、今日も追ってから最後甘さが出てしまったようなレースでした」

4着 スズカフロンティア(藤井勘一郎騎手)
「前走も前でレースをしました。先生からは昔、道中で行きたがるところがあると聞いていましたが、その点はかなり解消されていました。競馬はしやすくなっていました。そんなに器用なタイプではないので、動きたい時に動くというより、前でジワジワ脚を使うのが、今のこの馬のレースだと思います」

5着 ドルチェリア(小牧太騎手)
「この馬にはペースが遅かったですね。いつでも勝てる馬です」