【メイクデビュー】(小倉5R)~グランドデュークが新馬勝ち [News]
2019/08/11(日) 13:44
小倉5Rのメイクデビュー小倉(芝1200m)は4番人気グランドデューク(西村淳也騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分10秒6(良)。クビ差の2着に7番人気グレイトゲイナー、さらに半馬身差の3着に9番人気ハクアイウィンザーが入った。

グランドデュークは栗東・庄野靖志厩舎の2歳牡馬で、父ジャスタウェイ、母バロネスサッチャー(母の父Johannesburg)。

~レース後のコメント~
1着 グランドデューク(西村淳也騎手)
「スタートも二の脚も良く完勝でした」

2着 グレイトゲイナー(斎藤新騎手)
「ゲートはそれ程速くないと聞いていて、イメージ通りの競馬ができました。枠がもう少し外だったら良かったかもしれません。1200mでも4コーナーまで良い手応えで迎えられましたし、追ってからも良い反応で伸びてくれました。2戦目が楽しみです」

3着 ハクアイウィンザー(松永昌博調教師)
「大型馬の初戦ですが、よく頑張ってくれました。芝にも対応してくれています」

7着 ホッコーアカツキ(幸英明騎手)
「馬っ気がきつくてゲートでもうるさく、今日は前向きさがなかったですね」

8着 マイファンキー(川須栄彦騎手)
「ハミを取ったり抜いたりと新馬らしい所が随所にありました。それでも外をまわる形になりながら、最後にひと脚使っていますし、能力はあります。気性面の成長があれば良いですね」