【フェニックス賞】(小倉)~人気のマイネルグリットが内から抜け出す [News]
2019/08/10(土) 15:21
小倉9Rのフェニックス賞(2歳オープン・芝1200m)は1番人気マイネルグリット(和田竜二騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分09秒0(良)。1馬身1/4差の2着に5番人気ゼンノジャスタ、さらにハナ差の3着に4番人気ヒメサマが入った。

マイネルグリットは栗東・吉田直弘厩舎の2歳牡馬で、父スクリーンヒーロー、母マイネショコラーデ(母の父ロージズインメイ)。通算成績は2戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 マイネルグリット(和田竜二騎手)
「気持ちが乗っていましたし、思っていたより楽に良いポジションがとれました。抑え切れないくらいの手応えでしたが、追ってから左にささる面を見せていました。若い馬ですが生真面目な所があります。距離を短縮したことは良かったです」

2着 ゼンノジャスタ(田中健騎手)
「大外枠でしたので、スムーズに思った通りのレースができました。3番手で手応え良くまわって、ラストも良く伸びてくれる強いレースでした」

3着 ヒメサマ(岩田望来騎手)
「今日も外に張り気味で、コーナーで修正しましたが、直線でもそのような面が出ました。そのあたりが良くなってくれば、もっと良くなります」

4着 デンコウリジエール(太宰啓介騎手)
「ゲートを出て、良い所で脚をためて運べました。最後もジリジリと脚を使ってくれましたし、良い内容で良かったと思います」

5着 ホープホワイト(武豊騎手)
「道中何か自分で躓くようなところがありました。何かを気にしているようでした」