【レパードS】(新潟11R)~ハヤヤッコが白毛馬初の重賞制覇 [News]
2019/08/04(日) 17:27
新潟11Rのレパードステークス(3歳GIII・ダート1800m)は10番人気ハヤヤッコ(田辺裕信騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分51秒3(良)。クビ差の2着に1番人気デルマルーヴル、さらに半馬身差の3着に11番人気トイガーが入った。

ハヤヤッコは美浦・国枝栄厩舎の3歳牡馬で、父キングカメハメハ、母マシュマロ(母の父クロフネ)。通算成績は9戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 ハヤヤッコ(田辺裕信騎手)
「レースでは初めて乗りましたが、先週調教に乗ってある程度感じをつかんでいました。調教のポリトラックよりダートの実戦の方がいい走りでした。初めての白毛馬の重賞勝ちに騎乗できて良かったです」

2着 デルマルーヴル(戸田博文調教師)
「勝負だから仕方ないです。立派に走っています。収穫があったのは左回りになって手前を替えてくれたことです。こちらが先に抜け出した分と勝ち馬が見えないところから伸びてきた分です。今後は右回りでも手前を替えられるようになるといいですね。今後は馬の様子を見ながらオーナーと相談して決めます。ワンターンより一周する競馬の方が良いですね」

3着 トイガー(宮崎北斗騎手)
「思った通りに力を出してくれました。ここに来て成長してきています。今日はゲートを力んで出て行きませんでした。リズム良く内々でロスなく乗っていきました。レースぶりに幅が出たかなと思います」

4着 ブルベアイリーデ(丸山元気騎手)
「3歳同士ならどうにかなるかなと思いましたが、止まり方を見るとワンターンの方が良さそうです」