【越後S】(新潟11R)~ストロベリームーンが善戦続きにピリオド [News]
2019/08/03(土) 18:08
新潟11Rの越後ステークス(3歳以上3勝クラス・ダート1200m)は1番人気ストロベリームーン(M.デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分10秒6(良)。半馬身差の2着に10番人気ヴォーガ、さらに2馬身差の3着に6番人気オルトグラフが入った。

ストロベリームーンは栗東・庄野靖志厩舎の5歳牝馬で、父キンシャサノキセキ、母エヴァディングタンペット(母の父Dubai Destination)。通算成績は17戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 ストロベリームーン(M.デムーロ騎手)
「コースも距離も合っていて、この馬自身新潟が好きなのでしょう。いい瞬発力を持っていますし、坂がないコースでしたらオープンクラスでも十分通用すると思います。(このレースはディープインパクト追悼競走でしたが)ディープが引退したあと社台スタリオンステーションで乗ったことがあります。ディープの子どもにはいっぱい乗せていただきいっぱい勝つことができました。調子が悪いとは聞いていましたが、あまりに突然で残念です」

2着 ヴォーガ(田中勝春騎手)
「ブリンカーをつけてきたところ行きっぷりが良くてハナへ行きました。逃げる形になるとしぶといですね。そのまま逃げ切れれば良かったのですが、差されてしまったのが残念でした」

4着 ノーフィアー(内田博幸騎手)
「直線で砂を被って外へ切り替えるシーンがありました。最後3着はあると思いましたが、交わされてしまいました。この馬は我慢させる競馬の方が良さそうです。前へ行ける脚はありますが、行かせると集中力が続かないので控えた方がいいと思います」