【札幌日経OP】(札幌11R)~カフジプリンスがゴール前の混戦を制す [News]
2019/08/03(土) 17:31
札幌11Rの札幌日経オープン(3歳以上オープン・リステッド・芝2600m)は3番人気カフジプリンス(吉田隼人騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分40秒7(良)。クビ差の2着に8番人気ハッピーグリン、さらにクビ差の3着に5番人気タイセイトレイルが入った。

カフジプリンスは栗東・矢作芳人厩舎の6歳牡馬で、父ハーツクライ、母ギンザフローラル(母の父シンボリクリスエス)。通算成績は29戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 カフジプリンス(吉田隼人騎手)
「前半、いい位置に付けられましたが、どんどん前に入られてしまいました。ただ、かえって脚をためることができて最後の伸びにつながったのだと思います。ヴァントシルムが早めに動いてくれたのも良かったです。洋芝も合っています」

2着 ハッピーグリン(服部茂史騎手)
「包まれて動けない所にいましたが、そこで我慢して最後の脚にかけました。結果的には追い出しをもう少し我慢すれば良かったのかもしれません」

3着 タイセイトレイル(中谷雄太騎手)
「勝ちにいっての結果で、よく走っています。早めに捲くられた時、動ける態勢だったので動いたのですが、結果的に早かったのでしょう」

4着 ヴァントシルム(藤岡康太騎手)
「物音を気にして立ち上がった時にスタートが切られました。道中はリズムよく行かせて捲くる形で動いていきましたが、よく踏ん張っています。スムーズな競馬ができなくて申し訳ありません」

5着 レノヴァール(岩田康誠騎手)
「4コーナーまでは良かったです。ただ、器用ではないのでブレーキをかけないでスーッと外へ出したかったです」

6着 モンドインテロ(C.ルメール騎手)
「今日は休み明けでした。これからです」