【小倉記念】栗東レポート~アイスストーム [News]
2019/07/31(水) 12:00
8月4日(日)小倉競馬場で行われる第55回小倉記念(GIII)に登録しているアイスストーム(牡4、栗東・吉村圭司厩舎)について、追い切り後の吉村圭司調教師のコメントは以下の通り。

(前走の垂水S1着を振り返って)
「じっくり構えて行った方が結果が出ていたので、位置取りとしては安心して見ていられました。ペースも思った以上に流れていたので、良い位置取りだなと思って見ていました」

(前走後の調整について)
「2走前からそうなのですが、レース後は異常がないことを確認して、近郊の吉澤ステーブルに出させてもらいました。短期放牧明けでこちらに戻すという形です」

(調教過程を振り返って)
「近走はひと月ちょっとぐらいの間隔で、ずっとコンスタントに使っていますので、すごく強い調教が必要かというとそうは思っていなかったので、終い重点に強めぐらいの指示で1週前は追い切りを行いました。
 今日は前に目標を置いて、並んだところでゴールしたいという考えがあったので、指示通り良い調教だったと思っています」

(変化や成長を感じる点は?)
「元々調教でも動いていましたし、デビュー戦なども期待していた馬です。若馬の緩さも結構目立っていたので、去年もまだそういう緩さの中、北海道にも連れていっていました。その辺の緩さが解消してきたという感触はあります」

(この馬の良さは?)
「すごく素直で、ちゃんと待てますし、乗り手の指示にすごく従順なところだと思っています」

(今回のレースに向けて)
「小回りは去年の函館以来になりますので、その辺の不安がないかと言うと若干あるとは思っています。今なら何とか上手く走ってくれるのではないかと思っています。
 距離は大丈夫だと思っています。
 レースというのは、予想通りに行かないこともおい多いと思います。その辺はジョッキーの判断ということになると思います。
 (ハンデ54キロは)オープン初戦で重賞挑戦なので、これぐらいかなとは思っていました。
 今2連勝と勢いにも乗っていますし、小倉で何とか良い結果を出して重賞で優勝させたいと思っています。応援のほどお願いします」

(取材:米田元気)