【クイーンS】(札幌)~ミッキーチャームが得意の北海道で重賞制覇 [News]
2019/07/28(日) 17:11
札幌11Rのクイーンステークス(3歳以上GIII・牝馬・芝1800m)は1番人気ミッキーチャーム(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分47秒0(良)。クビ差の2着に5番人気スカーレットカラー、さらにアタマ差の3着に9番人気カリビアンゴールドが入った。

ミッキーチャームは栗東・中内田充正厩舎の4歳牝馬で、父ディープインパクト、母リップルスメイド(母の父Dansili)。通算成績は11戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 ミッキーチャーム(川田将雅騎手)
「外枠でしたから、内を見ながらリズム良く走らせようと考えていました。道中は我慢して進めて、手応え良く走って、最後も良い感じで伸びてくれました。テンションの高い馬ですが、輸送もなく体重も増えていましたし、洋芝も合いました。色々な面で良かったと思います」

2着 スカーレットカラー(岩田康誠騎手)
「1コーナーでゴチャついて位置が後ろになりました。もう一列前でレースができたら、際どかったと思います。馬は良くなっています。これからも楽しみです」

3着 カリビアンゴールド(柴山雄一騎手)
「道中は勝ち馬を見ながら折り合ってレースができました。前に壁がなくなってもリズム良く走って、最後の直線では何とかやれると思ったのですが......。滞在競馬は合っているのだと思います」

4着 ウラヌスチャーム(藤岡佑介騎手)
「開幕週の追い込みとしては、策のないレースになってしまいました。この馬の脚力だけで4着まで来ました。うまくこの馬の力を引き出せませんでした」

5着 エイシンティンクル(武豊騎手)
「ゲートの良い馬ではないですし、外枠でしたから、ハナを切るのは難しいと思っていました。それでも良いレースをしてくれました。ただ向正面で力む面がありました。折り合えばもっと伸びる馬です」

7着  フロンテアクイーン (三浦皇成騎手)
「良い競馬はしてくれましたが、できれば前に馬を置いてレースをしたかったです。その分もあり伸びが今ひとつでした。厳しいレースをした後に一息入れての今回でしたから、次は良くなると思います」

14着 ダノングレース(国枝栄調教師)
「競馬としてはいい形で進んでいたと思います。ただ直線でバテてきた馬に進路をふさがれてしまいました」