【燕特別】(新潟)~ヴァンクールシルクが後続の追撃を凌ぎきる [News]
2019/07/28(日) 15:59
新潟9Rの燕特別(3歳以上1勝クラス・芝2200m)は1番人気ヴァンクールシルク(内田博幸騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分13秒5(良)。クビ差の2着に4番人気ヘブンリーデイズ、さらに3馬身差の3着に2番人気ブルースカイハーツが入った。

ヴァンクールシルクは美浦・木村哲也厩舎の5歳セン馬で、父ヴィクトワールピサ、母ルシルク(母の父Dynaformer)。通算成績は14戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 ヴァンクールシルク(内田博幸騎手)
「走りが良い感じだったので、早めに行ってこの馬のスタミナ勝負に持ち込みました。良く頑張ってくれています」

2着 ヘブンリーデイズ(戸崎圭太騎手)
「上手に走っています。最後まで頑張ってくれました」

3着 ブルースカイハーツ(嶋田純次騎手)
「勝った馬の後ろの位置からのレースで、いつもより少し前の位置でレースをしました。ただ、向正面で前脚と後脚で手前がバラバラになり、前から置かれたことが影響しました。最後はジリジリ来ていますし、このコースは走ってくれますね」