【閃光特別】(新潟9R)~ナランフレグが馬場の真ん中から外の各馬を差し切る [News]
2019/07/27(土) 15:59
新潟9Rの閃光特別(3歳以上1勝クラス・芝1000m)は2番人気ナランフレグ(戸崎圭太騎手)が勝利した。勝ちタイムは54秒6(良)。1馬身1/4差の2着に1番人気ファストアズエバー、さらに3/4馬身差の3着に3番人気コンピレーションが入った。

ナランフレグは美浦・宗像義忠厩舎の3歳牡馬で、父ゴールドアリュール、母ケリーズビューティ(母の父ブライアンズタイム)。通算成績は8戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ナランフレグ(戸崎圭太騎手)
「ゲートを上手く出なかったので、後ろにドンと構えて行きましたが、すごい脚を使いました。一頭、脚が違っていました」

2着 ファストアズエバー(津村明秀騎手)
「ゲートを上手く出て、いい感じでした。凌げるかと思いましたが......。切れる馬に差されてしまいました」

3着 コンピレーション(嶋田純次騎手)
「内の馬に少し寄られる所がありましたし、最初は直線競馬のペースに戸惑っていました。それでも慣れてくるとギアが上がってジワジワと加速しました。中1週でも頑張ってくれました」

4着 ウーマッハ(吉田豊騎手)
「枠が良かったですし、スタートも抜群でした。脚はたまっている感じでしたし、最後はシュッと伸びるイメージでしたが......。久々の分でしょうか」