【中京記念】栗東レポート~ミエノサクシード [News]
2019/07/17(水) 12:10
7月21日(日)に中京競馬場で行われる第67回中京記念(GIII)に登録しているミエノサクシード(牝6、栗東・高橋亮厩舎)について、追い切り後の高橋亮調教師のコメントは以下の通り。

(前走のヴィクトリアマイル6着を振り返って)
「非常に走破時計の速いレースになりましたが、それにもしっかり対応してくれました。GIでもよく頑張ったと思います。
 ジョッキーも後ろからでしたが内目から上手くレースをしてくれていました。よく頑張ってくれました。
 コンスタントに走ってはくれていたのですが、ステイゴールド産駒ということで、すごく成長力を感じています。年明けから馬がしっかりしてきました。
 本来はあまりスタートが速くない馬ですが、体もしっかりしてきて、スタートもそれなりに出るようになりました。競馬でも、できていない時はふらついたりしていたのですが、今は真っ直ぐに走ってくれます」

(前走後の調整について)
「GIでよく頑張ってくれたので、時計も速かったものですから、脚元を心配していましたが、幸い大丈夫です。早めにここに目標を決めて順調にきました」

(最終追い切りを振り返って)
「調教はいつも頑張って動いてくれる馬なので、あまり走りすぎないように、余裕残しで良い動きだったと思います。
 調教は右回りですが、レースが左回りだと少し内によれるような仕草を見せるところがあります。今日は右回りですが、馬場の真ん中ぐらいを走って、真っ直ぐ走るように試しました。しっかり走れていました。
 今日の動きを見る限りでも(久々は)全然問題ないと思います」

(今回のレースに向けて)
「去年も同じレースを使っているのですが、去年もそれなりに脚は使っていました。去年より馬が良くなっていますし、楽しみは大きいです。
 結構切れ味のある馬なので、良い馬場でやりたいですが、こればかりは仕方がないですものね。
 (ハンデが)極端に軽いわけではないのですが、強い馬よりは少し軽く走らせてもらえるので、その辺を生かして頑張ってもらいたいです。
 レース自体はジョッキーに全部任せています。馬は元気に来ていますから楽しみにしています。
 ここに来て馬は力を付けています。良い状態で送り出せそうなので、また応援よろしくお願いします」

(取材:米田元気)