【バーデンバーデンC】(福島11R)~カラクレナイがアタマ差凌いで久々の勝利 [News]
2019/07/14(日) 17:31
福島11Rのバーデンバーデンカップ(3歳以上オープン・芝1200m)は5番人気カラクレナイ(大野拓弥騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分09秒3(重)。アタマ差の2着に1番人気アンヴァル、さらにクビ差の3着に3番人気メイソンジュニアが入った。

カラクレナイは栗東・松下武士厩舎の5歳牝馬で、父ローエングリン、母バーニングレッド(母の父アグネスタキオン)。通算成績は21戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 カラクレナイ(大野拓弥騎手)
「コーナーで馬の後ろに入れられたのが良かったです。先頭に立ってからふわっとしましたが押し切ってくれました」

2着 アンヴァル(松岡正海騎手)
「3~4コーナーにかけてノメっていました。最後の脚を考えるとノメっていなければ勝っていたと思うのですが......」

4着 フロンティア(三浦皇成騎手)
「久しぶりのレースでしたが、仕上がっていたと思います。3~4コーナーで置かれましたが、手前を替えてまた伸びていましたし、力のあるところを見せてくれました」

5着 レジーナフォルテ(内田博幸騎手)
「スタートからしばらくして落鉄しました。いつも引っ張りきりの手応えなのですが、今日は手応えがありませんでした。よく頑張っています」