【フィリピントロフィー】(中京10R)~フェルトベルクがゴール前の競り合いを制す [News]
2019/07/14(日) 16:41
中京10Rのフィリピントロフィー(3歳以上2勝クラス・芝1200m)は5番人気フェルトベルク(浜中俊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分08秒4(重)。クビ差の2着に7番人気サヤカチャン、さらに1馬身3/4差の3着に6番人気コウエイダリアが入った。

フェルトベルクは栗東・荒川義之厩舎の5歳牝馬で、父ブラックタイド、母プリンセスブルー(母の父Pulpit)。通算成績は25戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 フェルトベルク(浜中俊騎手)
「全てが良い方に噛み合いました。よく走ってくれています」

2着 サヤカチャン(西村淳也騎手)
「もう少しでした。勝ち馬がしぶとかったです」

3着 コウエイダリア(鮫島克駿騎手)
「1枠が良かったと思います。ロスなくいい位置で競馬ができました。現状、1200mの方がいいのかもしれません」

9着 コンパウンダー(松若風馬騎手)
「馬場が緩くてトモをすべらせていました。この馬にはかわいそうな馬場でした」