【マレーシアC】(中京11R)~カヴァルが鋭い決め脚で差し切る [News]
2019/07/13(土) 17:54
中京11Rのマレーシアカップ(3歳以上3勝クラス・芝2000m)は3番人気カヴァル(福永祐一騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分00秒8(稍重)。クビ差の2着に5番人気メサルティム、さらに3/4馬身差の3着に9番人気マイネルネーベルが入った。

カヴァルは美浦・勢司和浩厩舎の4歳牡馬で、父エイシンフラッシュ、母ペニーホイッスル(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は12戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 カヴァル(福永祐一騎手)
「折り合いに気をつけなければと思いました。ハミに頼ると脚を無くしそうだったので、前半は折り合い重視で運びました。外を回ると厳しいかと思ったので、間をぬってうまく伸びてくれました。まだまだ良くなりそうですし、奥がありそうです」

2着 メサルティム(浜中俊騎手)
「スムーズな競馬ができましたし、もう少しでしたね」

3着 マイネルネーベル(国分優作騎手)
「前走がいい形だったのでその方向の方が上がり勝負よりもいいかなと思い、あえて出していきました。ただ、止めないように注意しました。ちゃんと反応はしてくれました。勝ち切りたかったですね。でも、いいきっかけになったと思います。地力がありますね」

5着 レイズアベール(西村淳也騎手)
「左にもたれるのがきつかったですね。スムーズに真っすぐ走っていれば突き抜けていたと思います」