【セレクトセール2日目】アドマイヤテンバの2019が2億7000万円で、アゲヒバリの2019が2億1000万円で落札 [News]
2019/07/09(火) 13:45
競走馬のセリ市「セレクトセール2019」が9日、北海道苫小牧市のノーザンホースパークで行われ、アドマイヤテンバの2019(牡馬、父ロードカナロア)が2億7000万円(税抜)で、アゲヒバリの2019(牡馬、父ロードカナロア)が2億1000万円(税抜)で落札された。落札者はいずれも小笹芳央氏。

小笹芳央氏のコメントは以下の通り。

「(アドマイヤテンバの2019について)調教師の先生から推奨がありまして、なんとかしたいと頑張りました。落札できてホッとしています。ロードカナロアの子供の特徴はスピードだと思いますね。この馬に関しては、距離はどこまで延ばせるかは心配ですが、スピードは気に入っています。芦毛ですし、これからどんどん色が変化していくのも楽しみです。
(アゲヒバリの2019について)こちらも別の調教師の先生のお薦めでした。母の父クロフネという血統背景も含めて楽しみです。これからの成長を見守りたいと思います」

(取材:佐藤泉、小塚歩)