【2歳500万下】(京都7R)~ツィンクルソードが制す [News]
2013/11/02(土) 15:52
京都7Rの2歳500万下(芝1400m)は、2番人気ツィンクルソード(U.リスポリ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分21秒9。1馬身半差の2着に1番人気エイシンキサナドゥが、クビ差の3着に4番人気ナムラアッパーがそれぞれ入線。

ツィンクルソードは栗東・松永昌博厩舎の2歳牡馬で、父デュランダル、母ツィンクルブライド(母の父Lyphard)。通算成績は3戦2勝となった。

レース後のコメント
1着 ツィンクルソード U.リスポリ騎手
「レース前に発汗が激しく、まだ子どもっぽい面はありますが、これからキャリアを重ねて上積みがあると思います。うまく馬をなだめて、4コーナーのところではタメをきかせることができた分、押し切れたと思います。これからさらに変わってきそうです」

松永昌博調教師のコメント
「やはり力がありますね。このあとは短期放牧に出して、今後どうするかを考えたいと思います。オーナーと相談ですが、朝日杯も視野に入れて考えたいです」

3着 ナムラアッパー 岩崎翼騎手
「うまく流れに乗って、ちゃんと前にカベを作れたのですが......。もう少しでした」

5着 ウインリバティ M.デムーロ騎手
「1400mは少し短いようです。今日はペースが遅くなったこともこたえました」