【UHB杯】(函館)~ショウナンタイガが人気に応えて連勝 [News]
2019/06/23(日) 16:33
函館11RのUHB杯(3歳以上2勝クラス・ハンデ・芝1200m)は1番人気ショウナンタイガ(池添謙一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分09秒5(稍重)。1馬身差の2着に10番人気イキオイ、さらにクビ差の3着には5番人気センショウユウトが入った。

ショウナンタイガは栗東・池添兼雄厩舎の3歳牡馬で、父ディープインパクト、母チェリーフォレスト(母の父サクラバクシンオー)。通算成績は8戦3勝。

~レース後のコメント~

1着 ショウナンタイガ(池添謙一騎手)
「いつも後方から良い脚を使っていますが、今日は前残りを考えて、いつもより位置を取れたらと思いました。余裕で追走できましたし、強い勝ちっぷりでした。抜け出してから物見をしたり、遊んでいて余裕がありました。クラスが上がっても楽しみです」

3着 センショウユウト(藤岡佑介騎手)
「この条件は合っています。好位追走からよく伸びています。メドの立つ内容だったと思います」

4着 シンデレラメイク(菱田裕二騎手)
「勝ち馬の後ろで完璧に乗れたと思いますが、4コーナーの不利が痛かったです」

5着 ジェットコルサ(伊藤工真騎手)
「前走のこともあったので、スタートを注意していましたが、反応があまり良くなく、後ろの位置になりました。それでも最後は良い脚でしたし、洋芝に適性がありますね」