【宝塚記念】栗東レポート~マカヒキ [News]
2019/06/19(水) 14:18
6月23日(日)に阪神競馬場で行われる第60回宝塚記念(GI)に登録しているマカヒキ(牡6、栗東・友道康夫厩舎)について、追い切り後の大江祐輔調教助手のコメントは以下の通り。

(前走の大阪杯4着を振り返って)
「最後はしっかり前の3頭にも迫るぐらいの脚でフィニッシュしてくれたので、今後がまたさらに楽しみが持てるなと思いました。たらればですが、もう少しはっきり進路が開いていれば、もっと際どかったのではないかと思います。馬は一生懸命頑張ってくれたと思います」

(前走後の調整について)
「中間は在厩調整をしています。特にストレスになることもなく、あれだけ頑張って走ってくれたのですが、ガクッとくることもなかったので、順調にここまで徐々にやって来ています。
 今の状態を考えると在厩の方が良いですね」

(調教過程を振り返って)
「タイム自体はそんなに大きく気にはしてないのですが、その中でしっかりタイムが出たというのも評価できる内容かなと思います。何より馬の状態が良いのでタイムが出たと思うので、自信を持って送り出せます。
 若い時と比べて、骨折を挟んだりしているせいもありますし、少し馬の状態が違うので、同じ物差しで計るということは難しいです。骨折後、一番良い状態であるのは間違いないと思います。前走であれだけ走ってくれて、その前走より状態が良いので、今回も楽しみにしています」

(今回のレースに向けて)
「前走もあれだけ上手に走ってくれていますし、今度は(最初の)直線がコーナーまで長いので、もっとスムーズなレースができるのではないかと思って期待しています。(重馬場は)大丈夫だと思います。
 乗っていて、応援してくれる方が多いと思っていますし、皆さんの期待に応えられるように馬も頑張ってくれます。私たちも万全の状態で出せるように最後まで気を引き締めてやっていきたいと思いますので、応援よろしくお願いします」

(取材:米田元気)