【宝塚記念】栗東レポート〜エタリオウ [News]
2019/06/19(水) 14:16
6月23日(日)に阪神競馬場で行われる第60回宝塚記念(GI)に登録しているエタリオウ(牡4、栗東・友道康夫厩舎)について、追い切り後の大江祐輔調教助手のコメントは以下の通り。

(前走の天皇賞・春4着を振り返って)
「あの日の馬場と流れが合わなかったのかなということで、馬自身はロングスパートして苦しくなりながらも掲示板をちゃんと確保しました。頑張ってくれたと思います」

(前走後の調整について)
「きついレースになってしまったので、いつもより回復に時間がかかりました。牧場でもきちんと上向いた状態でまた戻してもらいまして、そこからは順調に来ています」

(調教過程を振り返って)
「(先週は)ジョッキーも上手に乗ってくれて、乗りづらい印象もなかったようですし、馬も気分良さそうに走って、終いの脚もしっかり伸びていました。手も合うなという感じも見ていて思いました。
 (今日は)バランスと馬の気持ちを重点に置いて調教しました。バランスも良く走っていましたし、馬も気分良さそうにしっかり動けていました。良い状態で迎えられるなと思いました。
 天皇賞・春と菊花賞がすごく良かったので、今日追い切った後の状態を見てからですが、なかなかあそこまでの状態というのも難しいです。あそこまで行ってくれれば良いなと思いつつ追い切ってはいますが、あそこまでは行かないかもしれないですね。良い状態ではあると思います」

(今回のレースに向けて)
「基本的には2000m以上で上手に走ってきている馬ですし、いろいろな競馬をしてきた馬なので、上手にこなしてくれるかなと思っています。
 若い時は口向きやメンタル面なども安定しなかったというところもあって、なかなか勝ち切れなかったと思います。ダービー後、ひと夏を越して心身ともにすごく大きく成長して帰ってきてくれて、そこからは走りっぷりも安定しているのと、あとはメンバーがガラッと強くなっているというのもあります。あとは流れが向いたり、何か噛み合うものがあれば勝てるだけの馬だと思っています。今回そうなるように期待しています。
 (最強の1勝馬の呼び声について)皆にインパクトのある馬で覚えてもらうのはいいのですが、しっかりタイトルホルダーになって、皆にまた応援してもらえれば良いかなと思います。
 周りがどうこうというよりも、あの馬が気分良く走って、良い競馬をするかどうかだけだと思っています。周りのことはあまり気にしていません。ある程度の馬場であれば大丈夫だと思います。
 この辺りで最強の1勝馬という呼び名を、しっかりタイトルを獲ることで払いのけて、この先はタイトルホルダーとして突き進んでもらいたいと思っています。どんなレースをするか私たちも楽しみにしていますし、皆さんもそういう楽しみを持ちながら応援していただければと思います。よろしくお願いします」

(取材:米田元気)