【メイクデビュー】(阪神5R)~キズナ産駒のルーチェデラヴィタが勝利 [News]
2019/06/09(日) 14:34
阪神5Rのメイクデビュー阪神(芝1600m)は3番人気ルーチェデラヴィタ(池添謙一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分38秒4(良)。2馬身差の2着に2番人気ヒシタイザン、さらに1馬身1/4差の3着に5番人気テランガが入った。

ルーチェデラヴィタは栗東・西村真幸厩舎の2歳牝馬で、父キズナ、母トウカイライフ(母の父トウカイテイオー)。

~レース後のコメント~
1着 ルーチェデラヴィタ(池添謙一騎手)
「調教から良い動きで、調教通りにレースがいってくれれば良いところがあると思っていました。ハミ受けに難しい所があって行きたがるところはありますが、直線で進路を確保して追い出したら反応が良かったです。小柄な馬なのでさらに成長してくれれば良いですね。この距離をこなしたので問題ないと思います。将来性があると思いますし、キャンターが軽くいい走りをしてくれます。しかし、まだ若くスイッチが入りすぎるところがあるので、大人になってくれればと思います」

2着 ヒシタイザン(藤岡佑介騎手)
「調教で少し左に張る所があって、レースでも若さが出ました。乗り込みや動きから勝ち負けできると思います。真っすぐ走れていればと思います」

3着 テランガ(北村友一騎手)
「スタートの一歩目は遅かったのですが、その後はリズム良くリラックスして追走できました。よく脚を使っていますし、レースセンスがあると思いました」

4着 ブラックヒューマー(幸英明騎手)
「乗りやすくて素直な馬です。フラフラしている所がありましたが、一回使ってもっと良くなると思います」

5着 シャルロワ(岩田康誠騎手)
「追い切り自体は良かったです。4コーナーまではいい感じで、どれだけ伸びるのかと思いましたが、反応してくれませんでした」