【八丈島特別】(東京)~ミッキーバードがゴール直前で差し切る [News]
2019/06/08(土) 15:54
東京9Rの八丈島特別(3歳以上1勝クラス・芝2000m)は5番人気ミッキーバード(横山典弘騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分59秒6(良)。クビ差の2着に3番人気フォルコメン、さらに1馬身半差の3着に1番人気カセドラルベルが入った。

ミッキーバードは美浦・尾関知人厩舎の4歳牡馬で、父ヴィクトワールピサ、母メジロルバート(母の父メジロライアン)。通算成績は12戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ミッキーバード(尾関知人調教師)
「外枠でしたし前へ行く馬もいましたから、この馬のことをよく知っているジョッキーがじっくり乗ってくれて最後はよく伸びてくれました。放牧に出すことなくこの春4度走って結果を出しましたし、体質も強くなっています。今後も楽しみです」

2着 フォルコメン(D.レーン騎手)
「リズム良くレースができて、直線でも脚を使ってくれました。ただ、まだ馬が幼く、最後に少し集中力を欠く面がありました」

3着 カセドラルベル(M.デムーロ騎手)
「もう少し前の位置でレースをしたかったのですが、スタートで挟まれて後方からのレースになりました。最後はジリジリ追い上げたのですが、スタートの不利が大きかったです」

5着 ジンゴイスト(C.ルメール騎手)
「少し重い感じの馬場が合いませんでした。重い割に時計が速く、最後は馬が疲れていました」