【グリーンS】(阪神)~タイセイトレイルが追い比べ制す [News]
2019/06/02(日) 16:42
阪神11Rのグリーンステークス(3歳以上3勝クラス、芝2400m)は1番人気タイセイトレイル(中谷雄太騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分27秒0(良)。アタマ差2着に2番人気マイネルヴンシュ、さらに5馬身差で3着に4番人気ノチェブランカが入った。

タイセイトレイルは栗東・矢作芳人厩舎の4歳牡馬で、父ハーツクライ、母マザーウェル(母の父シンボリクリスエス)。通算成績は17戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 タイセイトレイル(中谷騎手)
「まずは順当に勝ってくれました。前につけると早めに抜け出す形になるので、いつもより一列後ろで運びました。しっかり(脚が)たまりました。3着馬の動向が気になりましたが、4コーナーでは前だけだと思い、ラストはしっかり差し切ってくれました。馬は強くなっています。並んだらしぶといです」

2着 マイネルヴンシュ(国分恭介騎手)
「切れないと聞いていたので、体力勝負のレースをしようと思いました。イメージ通りのレースが出来ましたが、ラストはマークされた分ですね。頑張ってくれました」

3着 ノチェブランカ(浜中騎手)
「勝負どころでズブい面を見せました。直線は外めを伸びています。距離は合っているので、メンバー次第でチャンスはあると思います」

4着 ララエクラテール(和田騎手)
「ゲートをしっかり出てくれて、いいポジションを取ることが出来ました。頑張っています。出来ればもう少し馬場が悪くなっていたら良かったかもしれません」

5着 ネプチュナイト(藤岡康太騎手)
「(気性的に)難しい面があって、壁を作れないとフワフワする面を見せます。ですから、少頭数で外枠からのレースだったので、下げて壁を作る形のレースをしたのですが、4コーナーでは手応えが怪しくなり、自分から動く気がなくなったようで、気持ちで難しい面が出てしまったようです」