【安土城S】(京都)~ダイアトニックが同枠どうしの叩き合いを制す [News]
2019/05/26(日) 16:49
京都10Rの安土城ステークス(4歳以上オープン・リステッド・ハンデ・芝1400m)は1番人気ダイアトニック(北村友一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分19秒6(良)。クビ差の2着に6番人気リバティハイツ、さらに1馬身半差の3着には5番人気リライアブルエースが入った。

ダイアトニックは栗東・安田隆行厩舎の4歳牡馬で、父ロードカナロア、母トゥハーモニー(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は10戦5勝。

~レース後のコメント~

1着 ダイアトニック(北村友一騎手)
「(道中)折り合いもスムーズで、この馬のラストの脚を生かせる展開になってよかったです」

2着 リバティハイツ(藤岡佑介騎手)
「1400mでしたが、道中リズムを守って手応えよく運べました。直線も空いたところをしっかり伸びてくれています。勝ち馬に等しい内容でしたが、勝ち馬が本当にしぶとく伸びた感じです。十分このクラスで戦っていけます」

3着 リライアブルエース(中谷雄太騎手)
「以前よりスタートしてからのスピードが遅くなっていますが、これはいい意味で大人になって、スイッチの入りが遅くなったのかなという感じがあります。以前ならあれだけ押していったら噛みながら行くぐらいでしたが、今日は折り合いもよかったです。最後はいい脚を使ってくれましたが、外2頭が強かったです」