【欅S】(東京)~アルクトスがハナ差で最後差し切る [News]
2019/05/25(土) 17:27
東京11Rの欅ステークス(4歳以上オープン・ダート1400m)は1番人気アルクトス(田辺裕信騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分23秒4(良)。ハナ差の2着に4番人気ドリームキラリ、さらに2馬身半差の3着に2番人気ワンダーリーデルが入った。

アルクトスは美浦・栗田徹厩舎の4歳牡馬で、父アドマイヤオーラ、母ホシニイノリヲ(母の父シンボリクリスエス)。通算成績は11戦6勝。

~レース後のコメント~
1着 アルクトス(田辺裕信騎手)
「力があるので、人気にはなると思っていましたが、甘くはないとも思ってました。ゲートを出て良い位置を取れたのが大きかったです。あの位置でなければ勝てたかどうか。久々の1400mでよく対応してくれました。馬が力をつけています」

3着 ワンダーリーデル(戸崎圭太騎手)
「前が止まらない中、しっかりと伸びていました。走りますね」

4着 アディラート(三浦皇成騎手)
「初めてのオープンで、しっかりと走って、最後はきていました。内枠でもまれたことはきっとプラスになると思います」

5着 プロトコル(柴田善臣騎手)
「状態は良さそうでした。最後まで踏ん張って、この馬自身、力を出し切っていました。頑張っていました」