【與杼特別】(京都)~伏兵のエムオーグリッタが4勝目を挙げる [News]
2019/05/25(土) 15:21
京都9Rの與杼特別(4歳以上1000万下・ダート1800m)は8番人気エムオーグリッタ(津村明秀騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分51秒7(良)。2馬身半差の2着に3番人気テイエムチェロキー、さらに1馬身半差の3着に1番人気カフジキングが入った。

エムオーグリッタは美浦・古賀慎明厩舎の5歳牡馬で、父ブラックタキシード、母ワレンダラッド(母の父ワレンダー)。通算成績は20戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 エムオーグリッタ(津村明秀騎手)
「初めてなのでよく分からない部分もありますが、ブリンカー効果があったのだと思います。砂を被ってもしっかり我慢をしていました。そういう意味でも収穫あるいいレースだったと思います。上のクラスでも楽しみです」

2着 テイエムチェロキー(岩田康誠騎手)
「自分のリズムでレースをして頑張ってくれました。でも勝ち馬が強かったですね。この形でレースをすれば安定したレースをしてくれます」

3着 カフジキング(川田将雅騎手)
「スムーズに競馬ができたのですが、それでも動ききれなかったのは、急に暑くなった事によるしんどさが原因なのかと思います」

4着 ウインネプチューン(B.アヴドゥラ騎手)
「場面場面で、嫌なことがあるとスムーズさを欠く所があります。集中しきれないところですね。ただこの脚を見て分かるように、能力は高い馬です。メンタル面の課題がクリアできればいいですね」

5着 タマモカトレア(富田暁騎手)
「内でカフジキングとコマビショウをマークしながらレースをできたので、前が開いてくれたら、この馬の脚を使えるかなと思ったのですが、結局追い出したのは直線に入ってからで、その中では一番いい脚を使ってくれました。ですから、今日に関しては外枠の方が良かったのかなとも思います。でも、こういうレースをしていけば、いずれこの馬の脚を使える場面があると思うので、このクラスでも楽しみです」

10着 コマビショウ(藤岡康太騎手)
「スタートから踏んでも、思ったより位置も取れず、道中上手く立ち回っても直線は反応がありませんでした。本来このような馬ではないのですが...」