ルドルフもディープも無敗で皐月賞とダービーを制した。だからあの馬か?! [実況アナ!]
2019/05/23(木) 11:41
 万馬券を愛する皆さん、いよいよです。いよいよ今週は日本ダービーです。令和初のダービーは荒れるのでしょうか?私の結論としては荒れても荒れなくてもどちらでもいいのです。とにかく万馬券をゲット出来れば、レースが未勝利でもダービーでもいいのです。どのレースが荒れて万馬券が誕生するのか、これが問題なのです。今週はどこで荒れるのでしょう。京都のレースなのか、午前中なのか、それともダービーの後の目黒記念が荒れるのか...。『競馬の祭典』でお祭り騒ぎとなりますが、その熱に浮かれてアウトコース低めのボールに手を出してはいけません。万馬券愛好者はクールにいきましょう。冷静に荒れると思われるレースを見極めるのです。

 ダービーを前にして、平成最後の1ヶ月となった4月の万馬券を振り返ります。4月に出た100万円を超える払い戻しとなったレース、WIN5の結果とそれぞれの実況担当者は以下の通りです。

4月 6日(土)阪神・12レース   3連単158万3170円 (実況担当・米田)
4月 7日(日)福島・米沢特別    3連単185万7950円 (実況担当・小林)
4月13日(土)福島・1レース    3連単244万1140円 (実況担当・小塚)
4月13日(土)阪神・8レース    3連単124万3180円 (実況担当・山本直)
4月13日(土)福島・ラジオ福島賞  3連単336万7540円 (実況担当・佐藤)
4月13日(土)阪神・アーリントンC 3連単136万1140円 (実況担当・山本直)
4月14日(日)福島・奥の細道特別  3連単133万560円  (実況担当・小塚)
4月20日(土)東京・3レース    3連単403万3290円 (実況担当・小塚)
4月20日(土)東京・7レース    3連単106万6910円 (実況担当・山本直也)
4月27日(土)新潟・6レース    3連単243万3180円 (実況担当・山本直)
4月29日(月)京都・1レース    3連単293万1160円 (実況担当・小林)

★4月 7日(日) 桜花賞
 中山 10R(3番人気)・11R(8番人気)          ...山本直也アナ
 阪神 10R(1番人気)・11R(2番人気)          ...小塚アナ
 福島 11R(12番人気)                   ...小林アナ
<払戻金> 1168万8930円 

★4月14日(日) アンタレスS&皐月賞
 中山 10R(6番人気)・11R(1番人気)          ...中野アナ
 阪神 10R(2番人気)・11R(6番人気)          ...檜川アナ
 福島 11R(1番人気)                    ...小塚アナ
<払戻金> 394万840円

★4月21日(日) マイラーズC&フローラS
 東京 10R(1番人気)・11R(3番人気)          ...小塚アナ
 京都 10R(12番人気)・11R(1番人気)         ...米田アナ
 福島 11R(10番人気)                   ...小林アナ
<払戻金> 1230万830円

★4月28日(日) 天皇賞(春)
 東京 10R(1番人気)・11R(2番人気)          ...佐藤アナ
 京都  9R(8番人気)・10R(7番人気)・11R(1番人気) ...小林アナ
<払戻金> 196万6940円

★4月29日(日) 新潟大賞典
 新潟 10R(6番人気)・11R(7番人気)          ...山本直アナ
 京都  9R(2番人気)・10R(3番人気)・11R(4番人気) ...米田アナ
<払戻金> 513万9380円

 続いて4月終了時点の各アナウンサーの打率(万馬券となったレースの数÷レース実況数)を発表します。

中野   7割9分
山本直  7割4分3厘9毛
佐藤   7割4分3厘4毛
小屋敷  7割3分9厘(※参考記録)
小塚   7割3分7厘
山本直也 7割3分6厘
小林   7割3分1厘
米田   7割2分9厘
檜川   6割5分8厘
大関   6割2分8厘

 まず、4月の月間MVPの発表です。MVPは、小塚アナウンサーに決まりました。4月の最高配当となった403万馬券が出たレースを実況しただけではなく、他に2度100万オーバーのレースを実況している点が評価されました。佐藤アナも4月は「MVP有資格者」だったと言えますが、わずかに及びませんでした。

 続いてリーディング争いについてです。トップは中野アナで変わりません。打率を下げて7割台となりましたが、首位をキープしました。中野アナはコンスタントに万馬券レースを実況しています。2位は変わりました。山本直アナです。彼は4月に40のレースを実況して、そのうち35のレースから万馬券が生まれたのです。3月終了時は7割2厘だったのですが、一気に浮上してきました。今彼は波に乗っています。3位は佐藤アナで、順位は変わりませんが、打率を上げました。佐藤アナも上り調子です。逆に打率を下げたのが山本直也アナです。今後の巻き返しに期待したいところです。また、私小林も打率を上げています。3月はブービーでしたが、4月は36打数31安打で打率を7割台に乗せることが出来ました。来週はもう夏競馬です。私の季節がやってくるので、ヤル気十分です。

 対照的に打率を下げたのが檜川アナです。3月は7割近くの打率でしたが、ドーンと下げてブービーになってしまいました。殿は変わらず大関アナです。彼は打率をさらに下げてしまいました。檜川、大関両アナウンサーが後方というのは、いつか見たような光景です。

 さぁ、日本ダービーです。ダービーデイの東京競馬場のレースを実況するのは3人のアナウンサーです。まず1レースから3レースまでが山本直アナが実況を担当します。穴党にとっては大歓迎です。しかし、あまり荒れると早くから競馬場に来た客の資金がなくなって帰ってしまうおそれがあります。続く3レースから6レースまでは大関アナです。ここは京都のレースを買うか、ランチタイムにするのがいいでしょう。そして、7レースから満を持して中野アナが実況します。思えば昨年のダービーは3連単が285万6300円でした。今月中野アナが実況したケンタッキーダービーは3連単が1600万までイッてしまいました。では、今週の日本ダービーは...?

 今JRAのCMで、シンボリルドルフとディープインパクトが一緒に走る映像が放送されています。 昭和の無敗の三冠馬と平成の無敗の三冠馬が、最後の直線で抜け出してゴール前で並んだところで終わるCMです。私は、「JRAは『令和の無敗の二冠馬』が誕生することを期待しているんじゃないのか!」と思っています。(もちろんJRAは『公正競馬』です。お間違えのないようにお願いします)

 しかし、中野アナが24日放送の「うまきんIII」で馬名のアタマに「サー」がつく馬に雷を落とすことは十分考えられます。「どう考えたってダービーはこの馬で仕方がないだろう!」とスタジオで言う姿が目に浮かびます。それでも強い馬は勝ちます。馬名のアタマに「サー」がつく馬が無敗の二冠馬となり、秋には凱旋門賞を制する馬となって欲しいと思っています。

 ダービーが終われば夏競馬です。楽しい夏は一瞬で過ぎ去り、秋がやってきます。凱旋門賞もすぐにやってきます。