【日本ダービー】美浦レポート~ダノンキングリー(萩原調教師) [News]
2019/05/22(水) 16:11
 5月26日(日)に東京競馬場で行われる第86回日本ダービー(GI)に登録しているダノンキングリー(牡3、美浦・萩原清厩舎)について、追い切り後の萩原清調教師のコメントは以下の通り。

―追い切りの感触は
「良かったと思います」

―どんなことを心がけていますか
「一番は折り合いですね」

―そのあたりもうまくいきましたか
「そうですね。ジョッキーが感触をつかんでくれたと思いますので、実戦では今日の追い切りの感じを頭に入れてやってくれると思います」

―皐月賞は3着、振り返っていただけますか
「良い内容だったと思います」

―東京競馬場は向いていると思いますか
「それはあまり思ってないです」

―立ち回りのイメージはありますか
「特にないですけど、ジョッキーにはしっかりイメージしてもらいたいと思います」

―ジョッキーに具体的に指示を出す、ということはありますか
「それはないですけど、ジョッキーの方が今までの競馬の知識はあると思いますので、全面的に信頼してお任せします」

―戸崎ジョッキーは「どうしても勝ちたい」と言っていましたが、そういう思いは伝わってきましたか
「それはちょっと、わかんなかったですけど」

―ノームコアがヴィクトリアマイルを制し、厩舎もいい雰囲気だと思いますが
「まあ、変わらずにやってるつもりです」

―今回は3強と言われていますがいかがですか
「いろいろなとらえ方があると思いますけど」

―逆転は可能だと思っていますか
「それはもちろん、(逆転は可能だと)思っての出走になりますので」

―2009年のロジユニヴァース以来のダービー出走になりますが
「しばらく遠ざかっていたので、もっと出さなくちゃいけないと思ってます」

―ファンの皆さんへ一言お願いします
「こういう大舞台に出走させられることに感謝しているとともに、当日は熱い戦いが見られると思いますので、皆さんぜひ競馬場で観戦していただければと思います」

(取材:山本直)