【鳳雛S】(京都10R)~マドラスチェックが早め先頭から押し切る [News]
2019/05/19(日) 15:39
京都10Rの鳳雛ステークス(3歳オープン・リステッド・ダート1800m)は1番人気マドラスチェック(大野拓弥騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分53秒1(良)。クビ差の2着に3番人気リワードアンヴァル、さらに8馬身差の3着に2番人気ハヤブサナンデクンが入った。

マドラスチェックは美浦・斎藤誠厩舎の3歳牝馬で、父Malibu Moon、母Gloat(母の父Mr. Greeley)。通算成績は5戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 マドラスチェック(大野拓弥騎手)
「いつも通りいいスタートで、リズム良く走ってくれました。元々、ダートで走りそうな手応えがあって、期待通りの走りでした。並ばれてからしぶとい馬で、そういう面があるので現状はダートの方がいいと思います」

2着 リワードアンヴァル(三浦皇成騎手)
「まだ成長途上の状態でこれだけ走るのですから能力はあります。今日は勝った馬を褒めるべきでしょう。もっと良くなる馬です」

3着 ハヤブサナンデクン(吉田隼人騎手)
「レースが少し空いて、一度使ってからと思っていましたが、それでも力は示してくれました。今日は前の2頭が強かったです」

4着 メイショウソテツ(藤岡康太騎手)
「枠も良く、上手に立ち回ってくれました。自己条件ならチャンスはあると思います」