【メイクデビュー】(京都5~6R)~オーシャンヒーロー、ゼンノジェネラルが勝利 [News]
2013/10/27(日) 15:54
京都5Rのメイクデビュー京都(芝1600m)は、4番人気オーシャンヒーロー(酒井学騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分34秒6。9馬身差の2着に3番人気ウィズアミッションが、半馬身差の3着に5番人気エーブキットマンがそれぞれ入線。

オーシャンヒーローは栗東・田所秀孝厩舎の2歳牡馬で、父スクリーンヒーロー、母エレガントマリー(母の父シャンハイ)。

レース後のコメント
1着 オーシャンヒーロー 酒井学騎手
「馬場に出て走った感じがとてもよかったのですが、実際のレースではまさかこれほど......と思うような強さでした。スタートも速く、スムーズにハナへ行けましたが、内から来る馬がいたので無理に行かせず、ラチ沿いを走らなかったので馬場のいいところを走ることができました。とにかく今日は他の馬とは力が違いました」

2着 ウィズアミッション 秋山真一郎騎手
「スタートは普通に出たのですが、前へ行った馬はある程度止まるだろうと思い、じっくりレースを進めました。いい脚を使って伸びましたが、1頭だけ前に強い馬がいました。この馬もいい馬ですし、これから楽しみです」

3着 エーブキットマン 藤岡康太騎手
「まだ全体に弱いところはありますが、それを考えるとよく走ってくれました。馬群の中を伸びていますし、初戦としてはいいレースができたと思います」

5着 ハタノデバット 四位洋文騎手
「いい仕上がりだったと思いますが、道中はついていけませんでした。初戦ということで大人しすぎたのかもしれませんし、少し緩い馬場にノメっていた面もあります。能力はある馬ですし、これからに期待したいと思います」


京都6Rのメイクデビュー京都(ダート1400m)は、9番人気ゼンノジェネラル(松山弘平騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分25秒8。クビ差の2着に1番人気ゼアミが、半馬身差の3着に16番人気タイセイパラゴンがそれぞれ入線。

ゼンノジェネラルは栗東・鮫島一歩厩舎の2歳牡馬で、父トワイニング、母ジョルジーナ(母の父ホワイトマズル)。

レース後のコメント
1着 ゼンノジェネラル 松山弘平騎手
「スタートはよかったのですが、気のいい馬で行きすぎることを心配していました。しかし、道中で物見をしていた分、うまく息が入った感じです。最後は脚が上がったわけではなく、ターフビジョンを見て物見をした影響でしょう。今は1400mでも大丈夫です。あとは使われつつテンションが上がらなければいいなと思います」

2着 ゼアミ 四位洋文騎手
「ゲートはあまり上手じゃないと聞いていましたが、狭いゲートの中でこわがっていたようです。しかも今日は内枠でしたし、初戦としては悪い条件が重なりましたね。でも、大外を回るレースでこれだけのレースができましたから、能力は非常に高いと思います」

3着 タイセイパラゴン 国分優作騎手
「軽い走りの馬で、今日のような脚抜きのいい馬場が合っていると思います」

4着 ケンブリッジギルド 藤田伸二騎手
「真面目な走りで、長くいい脚を使ってくれました」

5着 カネトシハッカー 国分恭介騎手
「幼い馬で使いつつでしょうね。もう少し短いほうがいいかもしれません」