【都大路S】(京都)~ソーグリッタリングがリステッド競走連勝 [News]
2019/05/11(土) 17:40
京都11Rの都大路ステークス(4歳以上オープン・リステッド・芝1800m)は2番人気ソーグリッタリング(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分44秒6(良)。1馬身3/4差の2着に4番人気テリトーリアル、さらにクビ差の3着に3番人気エイシンティンクルが入った。

ソーグリッタリングは栗東・池江泰寿厩舎の5歳牡馬で、父ステイゴールド、母ソーマジック(母の父シンボリクリスエス)。通算成績は19戦7勝。
~レース後のコメント~
1着 ソーグリッタリング(川田将雅騎手)
「スムーズに競馬をしながら、直線はあまり抜け出したくなかったのですが......。良い形でクリアできたと思います」

2着 テリトーリアル(岩田康誠騎手)
「3~4コーナーで少しもたついた分でしょうか。馬自身はとても充実して、気持ちも前向きでした。(脚を)ためたら直線は伸びてくれます」

3着 エイシンティンクル(和田竜二騎手)
「息を入れたかったのですが......。でもこの馬らしさは出てきましたね。使われつつでしょうか。もっと状態は上がってくると思います」

4着 ベステンダンク(松山弘平騎手)
「スタート良く、行く馬も多かったので、その後ろで脚をためることができました。最後はしっかり伸びています。今日は勝ち馬も強かったですね」

5着 ヒーズインラブ(藤岡康太騎手)
「1800mでも折り合いがついて、リズム良く走ることができました。反応が鈍いところがありました。でも加速していったところで、後ろからのっかけられて、トモを落として、ブレーキが掛かったのが痛かったですね」

7着 サトノフェイバー(秋山真一郎騎手)
「息使いがあまり良くなかったです。最終追い切りも遅れていましたし。素質は高い馬なので、元に戻ってくれればと思います」