ワールドベストレースホースランキング、ウインブライトが第9位タイにランクイン [News]
2019/05/10(金) 13:21
 「ロンジンワールドベストレースホースランキング(LWBRR)」がIFHA(国際競馬統括機関連盟)から発表された。今回は2019年1月1日から5月5日までに実施された世界の主要レースを対象としていて、TJスミスステークス、ガネー賞、ケンタッキーダービー、香港チャンピオンズデーの諸競走などが含まれている。掲載された120ポンド以上の競走馬は21頭だった。

 ランキングトップは前回と変わらずビューティージェネレーション、シティオブライト、ウィンクスの3頭で125ポンド。前回の中間発表後、ビューティージェネレーションはチャンピオンズマイルを快勝した。ウィンクスもクイーンエリザベスステークスを完勝し、33連勝でラストランを飾った。ウィンクスの通算成績は43戦37勝でG1の勝利数は25となった。第4位は前回120ポンドで第7位タイだったサンタアナレーンで124ポンド、TJスミスステークスで2着に3馬身半差つけて勝利し順位を上げた。
 前回第4位だったハッピークラッパーは123ポンドの第5位で、第6位タイはオールドペルシアンとヴァルトガイストの2頭で122ポンドだった。昨年12月の香港ヴァーズ5着以来の出走となったヴァルトガイストは、ガネー賞を4馬身半差で鮮やかに勝って前年のLWBRRと同じ122ポンドと評価された。オールドペルシアンは前回の中間発表以降の出走はない。
 なお、ケンタッキーダービーで1位入線し17着に降着したマキシマムセキュリティは、120ポンドで第9位タイとなった。

 日本調教馬ではウインブライトが掲載された。ウインブライトはクイーンエリザベスII世カップの勝利が120ポンドと評価され、第9位タイにランクしている。

(JRA発表)