【ブリリアントS】(東京)~人気に応えてアングライフェンが勝利 [News]
2019/05/05(日) 17:39
東京10Rのブリリアントステークス(4歳以上オープン・リステッド・ハンデ・ダート2100m)は1番人気アングライフェン(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分08秒1(重)。半馬身差の2着に8番人気プリンシアコメータ、さらにクビ差の3着には4番人気コスモカナディアンが入った。

アングライフェンは栗東・安田隆行厩舎の7歳牡馬で、父ステイゴールド、母レッドスレッド(母の父パントレセレブル)。通算成績は40戦7勝。

~レース後のコメント~

1着 アングライフェン(C.ルメール騎手)
「前走は内で包まれてしまって残念でしたが、今日は4・5番手からスムーズなレースができました。能力がありますね」

2着 プリンシアコメータ(岩田康誠騎手)
「男馬相手によく頑張っています。気分良く自分の競馬をできたことが結果につながりました」

3着 コスモカナディアン(金成貴史調教師)
「良い状態をキープしていて、最後までまじめに走ってくれました。力はありますね」

7着 ストライクイーグル(内田博幸騎手)
「前にいける馬ではないので、今日のような馬場は厳しかったです。それでも走りぶりは悪くなかったですし、一度使って次はさらに良くなりそうです」