【湘南S】(東京)~アンノートルが力強く馬群から抜け出す [News]
2019/05/05(日) 15:23
東京9Rの湘南ステークス(4歳以上1600万下・芝1600m)は4番人気アンノートル(柴田大知騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分32秒6(良)。1馬身1/4差の2着に3番人気レジーナドーロ、さらに半馬身差の3着には11番人気ワンダープチュックが入った。

アンノートルは美浦・田中博康厩舎の5歳牡馬で、父アイルハヴアナザー、母タイキシャイン(母の父タイキシャトル)。通算成績は20戦5勝。

~レース後のコメント~

1着 アンノートル(柴田大知騎手)
「ここに来て、馬が一気に良くなっています。追走に余裕がありましたし、狭い所も楽で、すぱっと切れました。上でも楽しみです」

2着 レジーナドーロ(D.レーン騎手)
「直線で気持ち外になりましたが、手応えが良く、差しきれるかと思いました。勝ち馬の瞬発力が上でした」

4着 サンラモンバレー(B.アヴドゥラ騎手)
「前目の位置で結果を残していますが、今日は後ろから差してきて、良い競馬ができました。今までと違う競馬ができたのは収穫です」

8着 リカビトス(C.ルメール騎手)
「スタートが速くて後ろからになりました。最後はよく伸びていますが、スムーズではありませんでした」