【天王山S】(京都)~内を割ったタテヤマが抜け出す [News]
2019/04/29(月) 17:25
京都11Rの天王山ステークス(4歳以上オープン・ダート1200m)は4番人気タテヤマ(松山弘平騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分11秒3(良)。クビ差の2着に3番人気ホウショウナウ、さらにクビ差の3着には8番人気バイラが入った。

タテヤマは栗東・渡辺薫彦厩舎の5歳牡馬で、父パイロ、母サンフィールド(母の父フジキセキ)。通算成績は23戦6勝。

~レース後のコメント~

1着 タテヤマ(松山弘平騎手)
「前走と違い、今日はダートでのスタートで、しっかりスタートが決まりました。1番枠も良かったです。内で脚をためて、だいぶキックバックにも慣れてきたようです。最後は根性を見せてくれました。強い競馬だったと思います」

4着 ジューヌエコール(A.シュタルケ騎手)
「リズム良く走ることを心がけていました。前に4頭くらいが広がる形となりました。上位の馬は経済コースを通った馬たちで、今日はコース取りの差です。力差はありません」

5着 オールドベイリー(中井裕二騎手)
「外へ逃げて行くところがありましたが、想定の範囲内でした。最後は外を回る形となり、一番タフな競馬をしてくれたと思います」