【新潟大賞典】(新潟)~平成最後のJRA重賞はメールドグラースが掉尾を飾る [News]
2019/04/29(月) 17:10
新潟11Rの第41回新潟大賞典(4歳以上GIII・ハンデ・芝2000m)は7番人気メールドグラース(D.レーン騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分58秒6(良)。3/4馬身差の2着に3番人気ミッキースワロー、さらにハナ差の3着には1番人気ロシュフォールが入った。

メールドグラースは栗東・清水久詞厩舎の4歳牡馬で、父ルーラーシップ、母グレイシアブルー(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は15戦5勝。

~レース後のコメント~

1着 メールドグラース(D.レーン騎手)
「良いスタートを切れました。流れもスムーズで、直線ではとても良い手応えでした。反応もとても良く、しっかりと伸びてくれました。これからがさらに楽しみです」

2着 ミッキースワロー(菊沢隆徳調教師)
「トップハンデでもありましたが、力のあるところを見せてくれました。枠が違っていたらとも思います」

3着 ロシュフォール(C.ルメール騎手)
「スタートを切ってからゆっくりと進めて、3~4コーナーから加速させていきました。一所懸命頑張っていますが、ラストの100m~50mで疲れました」

4着 ルックトゥワイス(北村友一騎手)
「スタート五分で、リズム良く行けました。勝負どころの反応が鈍いのはいつものことですが、エンジンがかかりだした時に内からぶつけられて、トモを落としてしまいました。ちょっとしたことですが、これが響きました」

5着 ブラックスピネル(三浦皇成騎手)
「絡まれずに自分のペースで行けましたし、よく頑張っています。ここに来て馬が良くなってきています」