【矢車賞】(京都)~グラディーヴァが4角先頭から押し切る [News]
2019/04/29(月) 15:41
京都9Rの矢車賞(3歳500万・牝馬・芝2200m)は2番人気グラディーヴァ(M.デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分15秒1(良)。3/4馬身差の2着に1番人気クードメイトル、さらに2馬身半差の3着には3番人気レースガーデンが入った。

グラディーヴァは栗東・角居勝彦厩舎の3歳牝馬で、父ハービンジャー、母カノーロ(母の父ディープインパクト)。通算成績は3戦2勝。

~レース後のコメント~

1着 グラディーヴァ(M.デムーロ騎手)
「馬がだいぶ良くなってきました。前走の中山でのレースでは、早めの競馬で最後止まりましたが、今回は違いました。スタミナがついてきたようです」

2着 クードメイトル(藤岡佑介騎手)
「勝った馬にマークされてしまいました。向正面で馬が落ち着いたところで(先に)動かれてしまいました。全体的に速い流れの競馬になると良かったのですが、上がりの競馬になってしまいました。能力は高い馬です」

4着 エピローグ(藤井勘一郎騎手)
「道中は包まれないようにしていました。勝ち馬が動いて行ったときに、後ろにつけて行きました。じわじわと伸びる馬で、上がり勝負の馬ではないようです。初めての2200メートルのレースで、内容としては悪くありませんでした」