【青葉賞】(東京11R)~リオンリオンがマイペースで逃げ切りダービーの優先出走権を獲得 [News]
2019/04/27(土) 16:55
東京11Rの青葉賞(3歳GII・芝2400m)は5番人気リオンリオン(横山典弘騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分25秒0(稍重)。ハナ差の2着に1番人気ランフォザローゼス、さらに2馬身差の3着に3番人気ピースワンパラディが入った。

リオンリオンは栗東・松永幹夫厩舎の3歳牡馬で、父ルーラーシップ、母アゲヒバリ(母の父クロフネ)。通算成績は8戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 リオンリオン(横山典弘騎手)
「いつも通り、馬のリズムで走らせました。最後までしっかり脚を使ってくれて、能力は十分発揮できました。本番まで時間は短いですが、もう少し良くなってほしい所があるので、調教師に良くしていただいて本番を楽しみたいと思います」

(松永幹夫調教師)
「ジョッキーがうまく乗ってくれました。この馬の持ち味を引き出してくれたと思います。左回りは調教の様子からも合うかなと思っていました。しっかり走れていい勝ち方をしてくれました。体重はもっとあってもいいと思いますし、これからさらに良くしていきたいです」

2着 ランフォザローゼス(C.ルメール騎手)
「いいポジションでいいレースをしてくれました。ただ、まだ体が緩く手応えも弱い感じでフラフラする所がありました。馬場もいい方が合っています。まだまだ良くなる馬です」

3着 ピースワンパラディ(戸崎圭太騎手)
「1600mからいきなり2400mに延びてどうかと思いましたが、いいリズムでよく我慢して走ってくれました」

5着 サトノラディウス(三浦皇成騎手)
「外枠でしたから位置を取るのに脚は使いましたが、あとはロスなく走りよく頑張っています。これから良くなる馬です」

12着 ウーリリ(福永祐一騎手)
「今までより少しテンションは高めでしたが、道中の感じは悪くありませんでした。なぜか前回の走りができませんでした。こんな馬じゃないはずなのですが......」