【マイラーズC】(京都11R)~ダノンプレミアムが完勝で重賞5勝目 [News]
2019/04/21(日) 17:06
京都11Rのマイラーズカップ(4歳以上GII・芝1600m)は1番人気ダノンプレミアム(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分32秒6(良)。1馬身1/4差の2着に5番人気グァンチャーレ、さらにアタマ差の3着に4番人気パクスアメリカーナが入った。

ダノンプレミアムは栗東・中内田充正厩舎の4歳牡馬で、父ディープインパクト、母インディアナギャル(母の父Intikhab)。通算成績は7戦6勝。

~レース後のコメント~
1着 ダノンプレミアム(川田将雅騎手)
「グァンチャーレとの兼ね合いと思っていましたが、向こうが行ってくれたので控える形のレースになりました。道中はゆっくり行って上がりのレースになりました。ですからこの着差(1馬身1/4)になりましたが、とにかく素晴らしい馬には違いありません。大一番に向けていい時間を過ごせたらいいと思います」

2着 グァンチャーレ(池添謙一騎手)
「自然とあのような(ハナに立つ)レースになりました。速い上がりにもしっかり対応していました。ラスト3ハロンの競馬をしようと思ったのですが、勝ち馬が馬なりでついてきましたからね。しっかり力は出しています。普通なら勝っているレースでした」

(北出成人調教師)
「この馬としてはこのような(ハナに立つ)レースしかありませんからね。賞金も加算できましたしGIに向かいたいですね」

3着 パクスアメリカーナ(藤岡佑介騎手)
「狙い通りではありましたが、欲を言えば勝った馬が逃げていればよりチャンスがあったと思います。スローペースの内枠で少し置かれましたが、もう一度伸びてくれました。賞金加算できれば良かったのですが、この上がりでよく差を詰めてくれています」

4着 インディチャンプ(福永祐一騎手)
「スタートも練習通り出てくれて、ポジションもイメージ通りでした。好位からのレースに馬がすぐに納得せず怒っていましたが、納得した後はスムーズでした。今までにない好位からのレースでスローペース。そこで我慢するしかなかったのですが、ラスト伸びあぐねたのは久々の分でしょう。次は良くなります」

5着 ストーミーシー(北村友一騎手)
「思ったよりもついていけました。上位馬は強かったですが、最後は凄い脚で頑張ってくれました」

7着 モズアスコット(C.ルメール騎手)
「休み明けでスローペース。頑張ったけど、前の馬が強すぎました」

(矢作芳人調教師)
「体重は理想的にもってくることができました。でも、この馬は休み明けは難しいです。使えば使うほど良くなる馬なのですが、脚のことがありますから難しいです。斤量の関係から次は京王杯スプリングカップしかないのですが、難しいですね......」

8着 メイショウオワラ(武豊騎手)
「流れに乗った競馬はできましたが、上がりが速すぎました」