【伏竜S】(中山)~デアフルーグが無傷の3連勝 [News]
2019/03/31(日) 16:33
中山10Rの伏竜ステークス(3歳オープン・ダート1800m)は1番人気デアフルーグ(津村明秀騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分53秒2(良)。1馬身半差の2着に3番人気マスターフェンサー、さらに3馬身差の3着に6番人気ラインカリーナが入った。

デアフルーグは美浦・鈴木伸尋厩舎の3歳牡馬で、父ベーカバド、母パイクーニャン(母の父フレンチデピュティ)。通算成績は3戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 デアフルーグ(津村明秀騎手)
「前走より雰囲気が良くて調教もうまく出来ていました。力むこともなく、自信を持って、全馬を見ながら進めました。折り合いもついていましたし、先々につながる内容です。楽しみです」

2着 マスターフェンサー(内田博幸騎手)
「勝ち馬の外に早めに出していったのですが、相手が悪かったです。頑張っていました。力は見せてくれました」

3着 ラインカリーナ(武藤雅騎手)
「ゲートでつっぱって1歩目は出ませんでした。二の脚で2番手にいけました。あの位置で行けて収穫がありました。根性があります」

7着 ゴールドラグーン(古川吉洋騎手)
「初の坂でしょうか......。良い感じで走っていて最後まで残るような感じだと思っていたのですが、息が抜けていなかったかもしれません。2~3番手でも良いと思っていましたが、単純にスタートが速いです」