【ダービー卿CT】(中山11R)~南半球生まれのフィアーノロマーノが重賞初制覇 [News]
2019/03/30(土) 17:55
中山11Rのダービー卿チャレンジトロフィー(4歳以上GIII・芝1600m)は2番人気フィアーノロマーノ(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分31秒7(良)。クビ差の2着に3番人気プリモシーン、さらにハナ差の3着に7番人気マイスタイルが入った。

フィアーノロマーノは栗東・高野友和厩舎の5歳牡馬で、父Fastnet Rock、母Heart Ashley(母の父Lion Heart)。通算成績は11戦6勝。

~レース後のコメント~
1着 フィアーノロマーノ(川田将雅騎手)
「いい内容で勝ち切ってくれました。内枠だったので位置を取りに行き、あとはこの馬のリズムに徹しました。よく動いてくれましたし、外から強い馬も来ていましたが、頑張って勝ち切ってくれました」

2着 プリモシーン(福永祐一騎手)
「スタートが良く、いい位置で流れに乗れました。長くいい脚を使う馬で、今日も外からいい脚を使ってくれましたが、休み明けの分もあるのか、坂で脚色が鈍ってしまいました。勝ち馬はしぶとかったです。斤量55kgでこのメンバー相手に走り切ってくれたことは価値がありますし、次に向けて楽しみな内容でした」

3着 マイスタイル(昆貢調教師)
「ジョッキーがうまく乗ってくれました。これだけのメンバーでこれだけの競馬ができました。この先に楽しみが広がります」

4着 ダイアトニック(北村友一騎手)
「ストライドの小さな馬なので、外々を回る競馬はしたくありませんでした。立ち回りとしてはこの枠なりには良かったと思いますが、枠は内の方が良かったです」

5着 ギベオン(蛯名正義騎手)
「勝ち馬の後ろからいい感じで競馬ができました。ただ、斤量を背負っているのもあるのか、脚色が一緒になってしまいました。乗りやすい馬ですし、良くなる余地がまだありますから、またチャンスがあると思います」

7着 ドーヴァー(田辺裕信騎手)
「ペースが流れて3~4コーナーでは苦しくなっていました。前走はそこでもっとやれていたのですが......」