【大阪杯】栗東レポート~ワグネリアン(福永騎手) [News]
2019/03/27(水) 15:01
3月31日(日)に阪神競馬場で行われる第63回大阪杯(GI)に登録しているワグネリアン(牡4、栗東・友道康夫厩舎)について、鞍上の福永祐一騎手のコメントは以下の通り。

(先週の調教に跨がった感触は?)
「体重がかなり増えて帰ってきたというのは聞いていました。跨がった印象としては、逞しくなったという印象は受けました。芝コースでしたが、直線に向くまでは先行馬の後ろで我慢させていました。以前よりは若干前進気勢が強くなったというか、前向きさは結構出ていました。フレッシュな状態だと思います。
 追い切り本数もかなりやっていますし、先週乗った感触も良かったです。息遣いも悪くなかったです。動ける状態にあるのではないかと思います」

(改めてこの馬とコンビを組むことについて)
「秋初戦は自分の怪我もあって騎乗することは叶いませんでした。藤岡康太騎手が非常に上手な競馬をしてくれて、きっちり勝ってくれました。その後は疲れが取り切れなかったということで、無理して使えば使えないことはないぐらいの感じだったらしいのですが、その辺は調教師とオーナーの判断で大事を取って、今年にまた仕切り直すという形を取られました。その甲斐があってか、非常に心身ともにフレッシュな状態で帰ってきています。もう一度ここから大きなタイトルを獲りに行きたいと思っています」

(馬の成長は見られるか?)
「帰厩当時は500キロぐらいあったらしいので、相当ボリュームアップして帰ってきたみたいです。血統的には母系は短めなので、そういった影響もあって、少しずつ体形にも気持ちにもそういった面が出てきているのかなという気はします。それらを鑑みて2000mを使うというのはあると思いますので、成長した今、2000mでどのような競馬をするのか、この結果と内容によって今後向かっていく路線がある程度明確になっていくのかなという気はしています」

(今回のレースに向けて)
「内回りですし、難しいコースですが、差し馬にとっては簡単なコースではないかなとは思います。
 この路線が日本では一番層が厚いと思いますし、この中で結果を出していくということが、今後ワグネリアンにとって価値を高めていく上で重要なことだと思っています。相手は揃っていますし、簡単ではないと思いますが、良い結果を出せるように一緒に頑張っていけたらなと思っています。
 私自身も非常に楽しみにしていた一戦ですし、また4歳になって逞しくなった彼と一緒にダービー以上の感動をまた味わえるように頑張っていきたいなと思っています」

(取材:米田元気)