【日経賞】(中山)~メイショウテッコンが鮮やかに逃げ切る [News]
2019/03/23(土) 17:20
中山11Rの日経賞(4歳以上GII・芝2500m)は3番人気メイショウテッコン(武豊騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分34秒2(稍重)。1馬身1/4差の2着に1番人気エタリオウ、さらに1馬身1/4差の3着に4番人気サクラアンプルールが入った。

メイショウテッコンは栗東・高橋義忠厩舎の4歳牡馬で、父マンハッタンカフェ、母エーシンベロシティ(母の父Lemon Drop Kid)。通算成績は11戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 メイショウテッコン(武豊騎手)
「元々ゲートの中で暴れる癖があったのですが、栗東でしっかり練習した効果が出ました。イレ込みもマシでしたし、枠もあの枠でスタートも五分に出てくれたので、その時点でハナに行きました。エタリオウと併せるような感じでペースを上げました。終始手応えは良かったです。馬は間違いなく良くなっています。(50歳初重賞勝利について)特別な意識はありませんが、チャンスだと思っていたので勝てて良かったです。明日も頑張りたいです」

(高橋義忠調教師)
「前走は成長途上ということもあり動き切れませんでしたが、前走を使って今回までの間にかなり良くなっていました。馬体面と精神面の成長がチグハグだったのが、だいぶ伴ってきました。(次走について)すぐには何とも言えませんが、天皇賞に行きたいです。距離はさらに長くても良いと思っているので、長距離は面白いと思います」

2着 エタリオウ(M.デムーロ騎手)
「スタートしてすぐはハミを噛んでいましたが、その後折り合いはつきました。ペースが遅くて上がって行きましたが、勝ち馬には楽に乗られました。久々だったこともあったのか、坂を上ってからは苦しくなってしまいました」

3着 サクラアンプルール(金成貴史調教師)
「スタートが良く、良い位置につけられて、距離ロスなく流れに乗れました。この馬としては気分良く走れましたし、やりたい競馬が出来たのかなと思います。次走については未定で、馬の状態を見てからオーナーと相談したいと思います」

4着 ハッピーグリン(服部茂史騎手)
「出たなりで無理に下げずに行きました。今日乗った感じだと距離はもしかしたら長いほうがいいかもしれません。また頑張りたいです」

6着 ルックトゥワイス(戸崎圭太騎手)
「今日は普段と違ってのめっているような感じでした。のめっていた原因が馬場なのか定かではありませんが、いつもの走りではありませんでした」

10着 カフェブリッツ(蛯名正義騎手)
「道中は良い感じでしたが、ペースが上がってついていけなくなりました」