【毎日杯】(阪神)~ランスオブプラーナが逃げ切り重賞初制覇 [News]
2019/03/23(土) 16:56
阪神11Rの毎日杯(3歳GIII・芝1800m)は3番人気ランスオブプラーナ(松山弘平騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分47秒2(良)。クビ差の2着に2番人気ウーリリ、さらに1馬身1/4差の3着に1番人気ヴァンドギャルドが入った。

ランスオブプラーナは栗東・本田優厩舎の3歳牡馬で、父ケープブランコ、母マイプラーナ(母の父マンハッタンカフェ)。通算成績は6戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 ランスオブプラーナ(松山弘平騎手)
「好スタートからスムーズにハナへ行きました。この馬の走りやすいリズムをイメージして走りましたが、その通り行けました。最後もしっかりと伸びて、強い競馬でした」

2着 ウーリリ(福永祐一騎手)
「スタートを上手に出てくれて、最後もよく差を詰めてくれています。それでも逃げた馬がしぶとくて捕まえ切れませんでした。2走目で良くなっていましたし、すごく素質を感じさせる馬です。掛かるような所もないですし、距離は長くてもこなしてくれそうです」

3着 ヴァンドギャルド(C.ルメール騎手)
「後ろからすごくいい脚を使ってくれました。ペースがもっと速ければ勝っていたかもしれません。道中リラックスして走れば必ず良い瞬発力を使ってくれる馬です」

4着 ケイデンスコール(北村友一騎手)
「途中急かすより、直線までじっくりと馬のリズムを整えて、終いにどれだけやれるかという競馬を考えていました。道中のリズムは良く、直線では坂で少し鈍りましたが、良い脚でした」

5着 マイネルフラップ(吉田隼人騎手)
「ゲートを上手に出てくれましたが、本来はじっくり乗ったほうが良いのかもしれません。ペースが遅くて、良いポジションでレースができましたが、ダラっとした脚しか使えませんでした。前半は抑えて、後半にかけるレースの方が合いそうです」

6着 オールイズウェル(藤岡佑介騎手)
「スタートで出遅れました。流れが落ち着いてしまいましたし、今日はスタートの分です。状態は良かったですし、脚も使っています」

8着 ルモンド(川田将雅騎手)
「着順以上に中身のある競馬ができたと思います。よく頑張ってくれています」