【ミモザ賞】(中山)~エアジーンが追い比べを制す [News]
2019/03/23(土) 15:23
中山9Rのミモザ賞(3歳500万下・牝馬・芝2000m)は3番人気エアジーン(石橋脩騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分02秒1(稍重)。クビ差の2着に2番人気エトワール、さらに2馬身差の3着に7番人気グランデストラーダが入った。

エアジーンは美浦・堀宣行厩舎の3歳牝馬で、父ハービンジャー、母ラスティングソング(母の父フジキセキ)。通算成績は3戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 エアジーン(石橋脩騎手)
「前向きすぎる所があるので、そこだけ気をつけました。返し馬からゆったりできて、レースでも前半は我慢が効きました。3コーナーから反応させて、抜けてからも余裕がある感じでした。最後は並ばれてからもうひと伸びしていましたし、この先が楽しみです」

2着 エトワール(戸崎圭太騎手)
「大事な一戦でしたので、勝ちたかったのですが、惜しかったです。馬は前走よりだいぶ良くなっていました。長くいい脚を使えるタイプなのですが、囲まれてしまったことが残念です」

4着 アックアアルタ(三浦皇成騎手)
「楽に位置を取れて、理想の展開でよく頑張ってくれました。ただ坂で甘くなったことと馬場を気にしていました」