【ブラジルC】(東京)~ベルシャザール 内から抜けて4勝目 [News]
2013/10/20(日) 16:42
東京11Rのブラジルカップ(3歳上オープン、ハンデ、ダート2100m)は1番人気ベルシャザール(柴田善臣騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分8秒3(不良)。1馬身1/4差2着に8番人気メテオロロジスト、さらに1/2馬身差で3着に2番人気ハートビートソングが入った。

ベルシャザールは栗東・松田国英厩舎の5歳牡馬で、父キングカメハメハ、母マルカキャンディ(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は14戦4勝となった。

~レース後のコメント~
1着 ベルシャザール(柴田善騎手)
「楽でした。馬に余裕がありましたし、直線で抜け出してからも余力がありました。かなりいいのではないでしょうか」

2着 メテオロロジスト(後藤騎手)
「この馬が復活してくれたのが嬉しいです。嫌なことがあると引きずるタイプの馬なので、負けると負け続けるところがあります。それだけに今日はいい位置で競馬が出来たので次に繋がります」

3着 ハートビートソング(内田博騎手)
「輸送で体重が減っていたのは仕方ありません。良馬場なら違っていたかもしれません」

4着 ナムラビクター(石橋脩騎手)
「道中は折り合って、直線で抜けるかなと思いましたが...。休み明け2回目ですし、また変わってくると思います。能力はあります」

10着 サトノプリンシパル(三浦騎手)
「リズム良く行けたのですが、他の馬に来られたら止めてしまいました。4コーナーでは手応えがあったのですが、ファイト出来ませんでした。気持ちの問題だけです。前走で古馬と対戦して自信をなくしたのでしょうか。自信を戻せばまた変わってくるでしょう」