【メイクデビュー】(阪神3R)~向正面で動いたキャノンバローズが追い比べを制す [News]
2019/03/16(土) 14:00
阪神3Rのメイクデビュー阪神(ダート1800m)は3番人気キャノンバローズ(松山弘平騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分56秒6(稍重)。クビ差の2着に4番人気チャチャチャ、さらに2馬身半差の3着に9番人気ワンダータジャムが入った。

キャノンバローズは栗東・斉藤崇史厩舎の3歳牡馬で、父エンパイアメーカー、母ベラルーナ(母の父ディープインパクト)。

~レース後のコメント~
1着 キャノンバローズ(松山弘平騎手)
「幼いところがあり、跳ぶようなスタートを切ったり、道中気の悪さを見せたので、早めにスムーズなレースを心掛けました。並ばれながらも押し切ってくれましたから、力を見せてくれました」

(斉藤崇史調教師)
「スタートが元々課題でしたからね。幼い面もあり物見をするようなところがありながら、それでも勝ち切ってくれるのですから、力があります」

3着 ワンダータジャム(小牧太騎手)
「重めだったのですが、よく走ってくれました。叩いてからと思っていたのですが、これだけ走ったわけですし、次が楽しみですね」

4着 デライーガー(加藤祥太騎手)
「砂を被るのを少し嫌がるところを見せましたが、気合いをつけたら流れについて行けました。ラストも脚が上がることなく走ってくれました。使って良くなりそうです」

5着 バンプファイア(田中学騎手)
「1800m追っつけ通しで、しんどい競馬になってしまいました。若干幼いところがありますが、背中の感触は良かったです。叩いて良くなりそうです」