ワールドベストレースホースランキング、ビューティージェネレーションなど3頭がトップタイ [News]
2019/03/15(金) 12:19
 IFHA(国際競馬統括機関連盟)から「ロンジンワールドベストレースホースランキング」が発表された。今回の発表は2019年1月1日から3月10日までに施行された世界の主要レースを対象としている。対象期間が短いため、118ポンド以上の23頭が掲載された。

 ランキングトップはビューティージェネレーション、シティオブライト、ウィンクスの3頭で125ポンド。昨年の香港マイルを勝ったビューティージェネレーションは、今年も1月のスチュワーズカップ、2月のクイーンズシルヴァージュビリーカップを勝利した。重賞競走は7連勝、G1競走は3連勝としている。
 昨年のブリーダーズカップダートマイルを勝ったシティオブライトは、ペガサスワールドカップを完勝しG1競走4勝としたが、このレースで現役を引退して種牡馬となった。また昨年のワールドランキングトップタイ(130ポンド)だったウィンクスはチッピングノートンステークスを快勝し、このレース4連覇を達成した。同時にG1競走の勝利数を23に、連勝を31にしている。また、このレース2着のハッピークラッパーが123ポンドで第4位となっている。

 日本調教馬は2頭が掲載された。金鯱賞を勝ったダノンプレミアムと中山記念3着のステルヴィオが118ポンドで第14位タイとなっている(中山記念は当初発表のレーティングを上方修正している)。

(JRA発表)