【阪神大賞典】栗東レポート~ヴォージュ [News]
2019/03/13(水) 14:46
3月17日(日)に阪神競馬場で行われる第67回阪神大賞典(GII)に登録しているヴォージュ(牡6、栗東・西村真幸厩舎)について、鞍上の和田竜二騎手のコメントは以下の通り。

(前走の万葉S1着を振り返って)
「初騎乗だったのですが、ビデオを見てどうしようかなと思っていました。返し馬に行った感じが、1頭だったら力を抜いて走っていたので、そういうような競馬を試したいと思っていました。
 (ゴール前は)一杯一杯でしたが、あの距離で大逃げして粘ってくれたので、気持ち良かったです」

(前走後の様子について)
「ダイヤモンドステークスを使いたかったのですが、阪神大賞典になりました。十分に間隔もありましたし、状態は良いと聞いています」

(今回のレースに向けて)
「リズム良く走れる馬なので、その辺を生かして淡々と乗れたら良いなと思います。息さえ入れば長距離ももつのが分かったので、展開的にそういうふうに行ければ良いですね。そう甘くはないと思っているので、どんな展開になるか分からないですが、特徴を生かして頑張りたいです。
 頭数もそんなに多くないですし、いつも展開が難しいレースですが、その方が先行馬には有利だと思いますので、頑張りたいと思います。
 バラけた方が良いと思います。瞬発力勝負では厳しいですからね。そのようになってほしいです。
 天皇賞も使えたら良いなと思っていますので、重賞も勝てれば良いなと思っています。応援よろしくお願いします」

(取材:米田元気)