【スピカS】(中山)~内から伸びたアーバンキッドが勝利 [News]
2019/03/03(日) 15:54
中山9Rのスピカステークス(4歳以上1600万下・芝1800m)は2番人気アーバンキッド(F.ミナリク騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分50秒8(重)。1馬身半差の2着に3番人気ティソーナ、さらに半馬身差の3着には5番人気チカノワールが入った。

アーバンキッドは美浦・斎藤誠厩舎の6歳牡馬で、父ハーツクライ、母コックニー(母の父Swain)。通算成績は19戦3勝。

~レース後のコメント~

1着 アーバンキッド(F.ミナリク騎手)
「前回は休み明けでしたが、今日は1回レースを使われてコンディションも良く、いい流れに乗れて、反応良く伸びました。重い馬場も問題ありませんでした」

3着 チカノワール(武豊騎手)
「重い馬場で力を出す馬で、今日はこの馬の良さを生かせるレースでした」

4着 バイガエシ(作田誠二調教師)
「長期の休み明けでしたが、思った以上に良い状態に仕上がっていました。良く走ってくれました。ごちゃついた所でさばけていれば、もっと上位に来れたかもしれません」

9着 パイオニアバイオ(石橋脩騎手)
「ある程度の位置は取れたのですが、3コーナーから他馬が動いたときに一緒に動いていけませんでした。勝負どころでもう少し動いていければ結果も違ったと思います」