【チューリップ賞】(阪神)~2歳女王ダノンファンタジーが人気に応える [News]
2019/03/02(土) 17:14
阪神11Rのチューリップ賞(3歳GII・牝馬・芝1600m)は1番人気ダノンファンタジー(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分34秒1(良)。1馬身差の2着に4番人気シゲルピンクダイヤ、さらにハナ差の3着に7番人気ノーブルスコアが入った。

ダノンファンタジーは栗東・中内田充正厩舎の3歳牝馬で、父ディープインパクト、母ライフフォーセール(母の父Not For Sale)。通算成績は5戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 ダノンファンタジー(川田将雅騎手)
「直線で目の前に進路がなく、外からも来られていましたが、前が開くと良い反応でよく伸びてくれました。良い内容だったと思います。調教で不安な所が大丈夫だったので収穫もあり、このまま無事に本番へ向かいたいです。楽しみです」

1着 ダノンファンタジー(中内田充正調教師)
「パドックの時から常歩ができていました。調教での成長分はレースにも表れていました。内容も良かったです。正攻法の競馬でジョッキーが上手く教育してくれました。今日はトライアルですし、本番は先です。とりあえず無事に走ってくれました。良くなるのはこれからです。まだ冬毛がありますし、筋肉の張りももうひとつ良くなるでしょう」

2着 シゲルピンクダイヤ(和田竜二騎手)
「ものすごく走っています。久々でテンションが高かったのですが、よく頑張ってくれました。無事に次に向かえると良いです」

3着 ノーブルスコア(福永祐一騎手)
「スタートは上手く出ませんでしたが、直線ではいい脚を使ってくれました。マイナス12キロもそんなに細くは感じませんでしたし、少しテンションが高かったくらいです。権利が取れて良かったです」

4着 ドナウデルタ(北村友一騎手)
「イメージ通りに行ってくれました。流れ的にはすごく良い感じでした。抜け出す脚が速いです」

5着 シェーングランツ(武豊騎手)
「レース自体はスムーズな走りでしたが、4コーナーから浮いたような走りになって、トップスピードに入れませんでした。ここを使って、次は変わってくれると良いですね」

6着 ブランノワール(藤井勘一郎騎手)
「調教師からは『2週間で感覚をつかんでほしい』と言われました。順調に調教での時計を出していました。自信を持って臨めました。良いスタートを切って、内のダノンファンタジーを見ながら行きました。勝ち馬から2馬身くらい離されましたが、よく走ってくれました」

8着 アフランシール(岩田康誠騎手)
「道中2番手で楽に行けました。自分のペースで無理もしませんでしたが、直線に入ってから伸び切れませんでした」

9着 メイショウショウブ(池添謙一騎手)
「ゲートで遅れましたが、二の脚があるので無理なくあの位置につけられました。その後も折り合いもついて直線の手応えも良かったのですが、決め手のある馬にやられました。今日はスタートが全てです」